高崎経済大学合気道部 飛龍会のページにようこそ!

  • 「高崎経済大学合気道部飛龍会」は、高崎経済大学合気道部OB・OG会の正式名称です。

トピックス

≪2019年新年ご挨拶≫会長:中井 宏和 (日, 13 1月 2019)
鏡餅 鏡餅     明けましておめでとうございます。 飛龍会会員の皆様には健やかに新春をお迎えになられましたことお慶び申し上げます。   箱根駅伝 箱根駅伝 『平成』から『??』に代わる2019年となりました。 飛龍会は1972年発足ですので47年目となります。 新春恒例の箱根駅伝は95回を数えておりますが此処までの道のりは幾多の困難を乗り越えて、各大学の強い思いが襷を繋いできた歴史です。 それに比較しますと半分の歴史ですが我が高経合気道部も飛龍会もその時、その時に現役部員、OBOGが必死に襷を繋いできた結果であります。    執筆 執筆 昨年10月からホームページ上で開始されました『リレー随筆』は此度1月新春特大号がアップされました。 10月から今回まで26名の方々に寄稿頂いたことになります。 現在編集室にお預かりしております原稿と更にリレーを重ねて参りますと、お陰様で70名超になると予想され、編集室は嬉しい悲鳴を上げております。 既にご寄稿頂いた方々には厚く御礼申し上げます。 現役時代の思い出だけでなく、卒業後の仕事、人生、趣味、今だから云える話、セカンドライフ等、内容も多岐にわたり、実に面白い展開となっており、まさに昭和世代と平成世代との交流の場になりつつあります。 毎月第1週(7~10日までにアップ)になりますと 「今月のリレー随筆見ましたか?」 の会話も聞こえて参ります。 今後リレー先としてご指名がございましたら、奮ってご寄稿の程をお願い申し上げます。    亥年 亥年 本年は総会・懇親会を会員の皆様が集まりやすい5月を考えております。 また2年に1回の地区別飛龍会の開催年となっておりますので東京での総会・懇親会に参加が難しい方は是非地区別にご参加頂き、旧交を温めて頂ければと思います。 飛龍会も新組織となり3年目を迎え、理事一同は本来の趣旨であります現役部員の支援、OBOGの親睦の企画を立案して参りますので、皆様の絶大なるご協力を伏してお願い申し上げます。 末筆ではございますが皆様のご多幸とご発展を祈念しております。
>> 続きを読む

≪高経大・村山学長と歓談≫2018年12月4日15:00~ 於:学内学長室 (Tue, 04 Dec 2018)
11月10日(土)新大阪ワシントンプラザに於いて関西三扇会(同窓会)があり、鶴田先輩と同期の荻野君と3人で参加してきました。高経大は開設60周年を過ぎ、35000人の卒業生を輩出したことになるそうです。 現在は学部も増え全校で4100人の学生が勉学に励んでおり、その内女子学生は1300人とのことでした。 当日来賓として村山学長がご出席されており、飛龍会会長として名刺交換をさせて頂きました。 立ち話でしたが合気道部・飛龍会の活動内容の一端をお話ししました。 群馬に来られたら寄って下さいと笑顔で言って頂き、学長の暖かい人柄に惹かれ、早速1週間後に直接メールで訪問させて頂きたいと日程調整のお願いをしました。 そうしますと学長から早速、空き日程の連絡を頂き、12月4日の訪問なりました。   高経大・村山学長 高経大・村山学長 学長室にご案内頂き、村山学長に加えて事務局・教育グループ学生支援チーム・堀江チームリーダーに同席を頂きました。 当方は飯田副会長、佐藤事務局長、中井の三役で参り、歓談させて頂きました。 資料としまして合気道部の沿革、飛龍会の組織図、ホームページ上の会長メッセージ、トピックス、リレー随筆の特集号(故・藤田師範、故・三潴顧問先生遺稿)、10月号~12月号のOBOGの寄稿抜粋を一冊にして説明させて頂き、お渡ししました。 お二人共、合気道が試合のない武道と云うのは驚かれてる様でした。 簡単に稽古の事もお話ししましたが百聞は一見に如かずで村山学長に一度ご覧頂きたいと思いました。 地区別飛龍会の事も紹介しておきました。   また部員1名となり合気道部消滅の危機に救世主となった、坂入君に連絡を何とか付けたいとご実家の連絡先をご教示頂けないかとお願いしまして早速堀江リーダーに調べて頂きましたが、実家に郵便物を送っても宛先不明で返ってくるとのことで何等手掛かりは得られませんでした。 飛龍会のネットワークで探すしかありません。   限られた歓談時間でしたが、これを契機に一層合気道部及び飛龍会へのご支援をお願い致しました。 以上報告まで。(中井)   PS:その後図書館で小田主将と会い、短時間ですが話をして学長へお渡しした資料と同じものを尾形顧問と現役への皆さんに各一冊寄贈して参りました。
>> 続きを読む

飛龍会と合気道部員との交流会報告 (Sat, 06 Oct 2018)
10月6日土曜日、高崎経済大学近くのイタリアンレストラン「シャクナゲ」にて飛龍会と学生との交流会を開催しました。 飛龍会からは中井会長、倉本・飯田両副会長、佐藤事務局長、鈴木・根岸両理事の6名、合気道部からは12名で計18名の参加でした。合気道部は幹部交代の時期でもあり52期二年生と53期一年生の新幹部中心のメンバーでした。 13:00からの飯田副会長の乾杯(ノンアルコール)、中井会長の飛龍会としての挨拶に始まり、佐藤事務局長の進行により食事兼ねての交流会に進み、学生側の各自の自己紹介、飛龍会各理事の一口コメント等を交えて15:00までの二時間でした。就職先の決まった話、夏合宿の厳しかった思いや、師範の紹介で参加された他大学の合気道部主将との合同稽古に刺激を受けた話、又飛龍会理事からはホームページ説明や合気道部時代の思い出、社会に出てからの経験話も交え、大いに会話も弾み盛会の内に閉会となりました。又、鈴木・飯田両理事は午前中合気道部稽古にも参加され学生との懇親を深めていました。 合気道部員が飛龍会の存在や学生支援の活動内容を知ることで、卒業後の飛龍会員としての認識を高めるためにも、今後も継続していきたいと考えています。 ※写真はフォトギャラリー(会員専用)でご覧いただけます。
>> 続きを読む

第2回北海道飛龍会開催報告 (Sat, 22 Sep 2018)
9月22日(土)第2回北海道飛龍会を「いっしん IZAKAYA 其の弐 北2条店」(札幌)で行いました。 当初8名の出席予定でしたが、お二人が都合が悪くなり、高橋さん(S47年)、高木さん(S48年)、小野さん(S53年)、山路さん(S57年)、森田さん(H5年)、そして松川(S48年)の6名が和気あいあいと、合気道部の思い出話だらけの2時間を過ごしました。 会費が3,500円(飲み放題付)と安く、料理の中身と量が心配でしたが、学生時代のようなガッツはなく、胃袋は酒と刺身と焼きそばで十分満たされました。 今回は北海道胆振東部地震の震源地で多大なる被害を受けた厚真在住の山路さんも、逆境に負けずお元気で、その当時の様子を生々しく語ってくれました。 また今回初参加の若手のホープ森田さんは、還暦過ぎの我々を大いに刺激してくれましたし、小野さん、山路さんとも高校時代の共通の知り合いがいるようで、偶然とはいえ何か縁を感じました。 次回の開催は一年後になりますが、厚真町復興を願って、山路さんの幹事で厚真町近郊で開催することにしました。 開催時期は来年の今頃になると思いますが、会員の皆さまの積極的参加を期待しております。 以上第2回北海道飛龍会の報告でした。 ※写真はフォトギャラリー(会員専用)でご覧いただけます。
>> 続きを読む

菅平懇親会報告 (Sun, 16 Sep 2018)
ダボスからの風景 ダボスからの風景 9月15日~16日菅平・山喜荘におきまして『菅平懇親会』が行われました。 参加者は公私共にご多忙の中、馬場先輩(レジェンド)、藤井先輩(第3期)、鶴田先輩(第3期)、第5期の内山君、小原君、中井、そして桑村君(第8期)の7名となりました。(当初は9名だったのですが2名急用にてキャンセル) 15日の懇親会は馬場先輩を中心に愛好会発足当時のエピソード、思い出話、近況報告、飛龍会の今後等と話題は多面的に広がりました。 16日は馬場先輩は区長のお務めがあり朝食後帰られました。 朝から晴れ上がり、残った6人で合宿当時朝のトレーニング場所であった『ダボスの丘』周辺に登りました。 爽やかな菅平高原の風に包まれ、学生時代に戻ったひとときでした。 ※写真はフォトギャラリー(会員専用)でご覧いただけます。  
>> 続きを読む


更新履歴

年月日 更新履歴
2019(平成31)年 1月13日